kintone連携の設定

kintone連携を設定します。
連携項目は、最大50個設定できます。

連携項目を追加する

連携項目を追加します。
追加した連携項目は、通常予定でのみ使用できます。

操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。

  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。

  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。

  4. [スケジュール]をクリックします。

  5. [kintone連携]をクリックします。

  6. 「kintone連携」画面で、[連携項目を追加する]をクリックします。

    連携項目を追加するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像

  7. 「連携項目の追加」画面で、「項目名」項目を入力します。

    標準の項目名は必ず設定します。
    [言語ごとに表示名を設定する]をクリックすると、複数の言語で項目名を設定できます。
    ユーザーが設定している言語の項目名を設定していない場合、標準の項目名が表示されます。
    設定できる言語は、次のとおりです。

    • 日本語
    • English
    • 中文(简体
    • 中文(繁體
      繁体字で表示されます。
    項目名を入力している画像

  8. 「関連付けるメニュー」項目を設定します。

    次のどちらかを選択します。

    • すべての予定で使用する:
      通常予定であれば、すべての予定で設定したkintoneのアプリからの情報を取得できます。

      すべての予定で使用するのチェックボックスが選択されている画像

    • 予定メニューを追加する:
      追加した予定メニューをユーザーが選択した場合のみ、設定したkintoneのアプリからの情報を取得できます。この項目を有効にするには、「すべての予定で使用する」のチェックボックスの選択を外します。

      すべての予定で使用するのチェックボックスの選択が外れている画像[予定メニューを追加する]をクリックすると、「予定メニューの追加」画面が表示されます。「予定メニューの追加」画面で予定メニューを選択し、[追加する]をクリックすると、関連付ける予定メニューを追加できます。

      予定メニューを追加している画像複数の予定メニューを登録できます。

      予定メニューが複数設定されている画像

  9. 「kintoneアプリ」項目で、「アプリID」を入力します。

    連携するkintoneのアプリのIDを入力します。
    アプリIDはkintoneのアプリのURLで確認できます。
    アプリのURLは次の形式で構成されています。

    https://(ドメイン)/k/(アプリID)/
    例:
    https://www.example.com/k/15/

    アプリは最大10個設定できます。[アプリを追加する]をクリックすると、登録するアプリを追加できます。

    アプリIDを入力している画像

  10. 次に、「フィールドコード」項目で、情報を取得するアプリのフィールドを設定します。

    フィールドは最大10個設定できます。
    フィールドの種類によっては値を取得できません。値を取得できないフィールドについての詳細は、制限事項を参照してください。
    [フィールドコードを追加する]をクリックすると、「フィールドコードの追加」画面が表示されます。
    フィールドコードを追加するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像
    「フィールドコードの追加」画面で、情報を取得するアプリの項目(フィールド)のフィールドコードを選択し、[追加する]をクリックします。
    フィールドコードの追加画面

  11. 設定内容を確認し、[追加する]をクリックします。

連携項目を変更する

連携項目の設定を変更します。

操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。

  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。

  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。

  4. [スケジュール]をクリックします。

  5. [kintone連携]をクリックします。

  6. 「kintone連携」画面で、変更する項目の項目名をクリックします。

  7. 「連携項目の変更」画面で、必要な項目の設定を変更します。

    情報の取得元となるアプリを変更するには、フィールドコードをすべて削除してから、アプリIDを変更します。
    kintoneのアプリの表示順は変更できません。追加した順に表示されます。

    「連携項目」の変更画面の例:
    連携項目を変更している画像
    a) :項目名を削除します。
    b) :関連付けるメニューを削除します。
    c) :情報の取得元となるアプリとフィールドは、どちらも1つ以上登録する必要があります。
    d) :情報の取得元として設定しているフィールドを削除します。フィールドを削除すると、予定の画面に表示されている、kintoneのアプリから取得した情報が表示されなくなります。
    削除したフィールドを再度追加すると、予定の画面に、kintoneのアプリから取得した情報が再表示されるようになります。
    e) :情報の取得元として設定しているアプリを削除します。アプリを削除すると、このアプリから情報を取得していた予定の画面で、取得していた情報が表示されなくなります。
    削除したアプリとフィールドを再度追加すると、予定の画面に、kintoneのアプリから取得した情報が再度表示されるようになります。

  8. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

連携項目を順番変更する

予定に表示される連携項目の順番を変更します。

操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。

  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。

  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。

  4. [スケジュール]をクリックします。

  5. [kintone連携]をクリックします。

  6. 「kintone連携」画面で、[連携項目を順番変更する]をクリックします。

    連携項目を順番変更するの操作リンクが赤枠で囲まれている画像

  7. 「連携項目の順番変更」画面で、連携項目の順番を変更します。

    「連携項目の順番変更」画面

  8. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

連携項目を削除する

kintoneのアプリとの連携項目を削除します。
連携項目を削除すると、取得したすべての情報が、予定の画面に表示されなくなります。

操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。

  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。

  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。

  4. [スケジュール]をクリックします。

  5. [kintone連携]をクリックします。

  6. 「kintone連携」画面で、削除する連携項目のをクリックします。

    連携項目を削除している画面

  7. 確認画面で、[はい]をクリックします。