メールサイズの制限の設定

メールの制限値を設定します。
サイズが大きいメールを送受信すると、メールサーバーとの通信処理に大きな負荷がかかり、システムのパフォーマンスが低下する恐れがあります。受信メールや送信メールのサイズを制限して、メールの送受信によるパフォーマンスの低下を防止します。

受信メールサイズの制限によってメールを受信できない場合の対処

システム管理者が設定している受信メールサイズの制限値を超えたメールは、受信できません。
ユーザーの「メール」画面に、メールを受信できなかったことを示すメッセージが表示されます。

メールを受信できなかったことを示すメッセージが表示されている画像

ユーザーから相談を受けた場合は、ユーザーに次のどちらかの操作を依頼してください。

  • 受信できなかったメールをメールサーバーから削除する。
  • 受信できなかったメールをほかのメールソフトで受信する。

詳細は、受信メールサイズの制限値を超えた場合のページでも案内しています。

全ユーザーにメールサイズの制限を設定する

ユーザー1人あたりのメールサイズの制限値を設定します。
すべてのユーザーに同じ設定が適用されます。

操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。

  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。

  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。

  4. [メール]をクリックします。

  5. [メールサイズの制限]をクリックします。

  6. 「メールサイズの制限」画面で、メールの総サイズの設定の「1ユーザーあたりの保存できるメールの総サイズ」項目を設定します。

    保存できるメールの総サイズの上限を設定します。
    総サイズとは、1人のユーザーが使用しているすべてのアカウントの、フォルダーに保存されるメールサイズの合計です。

  7. 個々のメールのサイズ制限の設定の「受信メールサイズの制限」項目を設定します。

    1件あたりの受信メールのサイズの上限を設定します。
    設定できる最大値は100MBです。無制限は設定できません。

  8. 「送信メールサイズの制限」項目を設定します。

    一度に送信できるメールサイズの上限を設定します。
    設定できる最大値は(無制限)です。

  9. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

    キャプチャー:すべてのユーザーのメールサイズを制限している

ユーザーごとにメールサイズを制限する

ユーザーごとにメールサイズの制限値を設定します。
たとえば、すべてのユーザーの制限値を一括で設定したあと、メールの使用頻度の低いユーザーに対して、個別に制限値を設定するといった運用が可能です。

操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。

  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。

  3. 「各アプリケーションの管理」タブを選択します。

  4. [メール]をクリックします。

  5. [ユーザーのメールサイズの設定]をクリックします。

  6. 「ユーザーのメールサイズの設定」画面で、設定を変更するユーザーの[変更]をクリックします。

    変更の操作リンクが赤枠で囲まれている画像

    複数のメールアカウントを設定しているユーザーの「総メールサイズ」には、メールアカウントの合計サイズが表示されます。

  7. 「メールサイズの制限の設定」画面で、メールの総サイズの設定の「1ユーザーあたりの保存できるメールの総サイズ」項目を設定します。

    保存できるメールの総サイズの上限を設定します。
    総サイズとは、1人のユーザーが使用しているすべてのアカウントの、フォルダーに保存されるメールサイズの合計です。

  8. 個々のメールのサイズ制限の設定の「受信メールサイズの制限」項目を設定します。

    1件あたりの受信メールのサイズの上限を設定します。
    設定できる最大値は100MBです。無制限は設定できません。

  9. 「送信メールサイズの制限」項目を設定します。

    一度に送信できるメールサイズの上限を設定します。
    設定できる最大値は(無制限)です。

  10. 設定内容を確認し、[変更する]をクリックします。

    キャプチャー:ユーザーごとにメールサイズの制限を設定している