システムメールアカウントの設定

Garoonがメール通知を送信する際に使用する、システムメールアカウントを設定します。

システムメールアカウントとは

システムメールアカウントは、電話メモやワークフローなどのメール通知の送信元に使用されるメールアドレスです。メール機能が有効かどうかにかかわらず、システムメールアカウントを設定すれば、メール通知を送信できます。

操作手順:
  1. へッダーの歯車の形をした管理者メニューアイコンをクリックします。

  2. [Garoonシステム管理]をクリックします。

  3. 「基本システムの管理」タブを選択します。

  4. [外部サーバー]をクリックします。

  5. [システムメールアカウントの設定]をクリックします。

  6. 「システムメールアカウントの設定」画面の「システムメールアカウント」項目で、「使用する」を選択します。

    メール通知の送信を停止する場合は、「使用しない」を選択します。
    使用するを選択している画像

  7. 「メールサーバー」項目で、組み込みメールサーバーを使用するかどうかを選択します。

    組み込みメールサーバーを使用する場合、cybozu.cnに搭載しているメールサーバーを使用して、メール通知を送信します。
    初期設定では、組み込みメールサーバーを使用します。通常は初期設定のままで問題ありません。
    ただし、組み込みメールサーバーから送信されるメールの通信内容は暗号化されません。
    任意のメールサーバーを使用する場合は、「組み込みメールサーバーを使用する」のチェックボックスの選択を外します。
    メールサーバー項目の画像

  8. 「システムメールアドレス」項目に、システムメールアカウントとして使うメールアドレスを入力します。

    • 組み込みメールサーバーを使用する場合:

    システムメールアドレスは「no-reply@cybozu.cn」に固定されます。手順10に進みます。

    システムメールアドレスが固定されている画像

    • 任意のメールサーバーを使用する場合:

    システムメールアドレスは必ず設定します。
    「メールサーバー」項目で、「組み込みメールサーバーを使用する」のチェックボックスの選択を外すと、入力欄が表示されます。

    システムメールアドレスの入力欄が表示された画像

  9. 任意のメールサーバーを使用する場合、送信メールサーバーの情報を設定します。 送信メールサーバーの設定項目の画像

    送信メールサーバーの設定項目
    送信メールサーバー名(SMTP) 送信メールサーバー名(SMTP)は必ず設定します。
    送信メールサーバーのIPアドレス、またはホスト名を入力します。
    送信メールのプロトコルにはSMTPを使用します。
    送信メールサーバーポート番号 送信メールサーバーポート番号は必ず設定します。
    送信メールサーバーのポート番号を半角の数字で入力します。初期値は25です。
    暗号化通信 送信メールサーバーの暗号化通信について設定します。
    送信メールサーバーとの通信を暗号化する場合は、通信方法に合わせて次のどちらかを選択します。
    • TLSを使用する
    • STARTTLSを使用する
    送信メールサーバーとの通信を暗号化しない場合は、「(使用しない)」を選択します。
    タイムアウトまでの時間 送信メールサーバーとの通信がタイムアウトするまでの時間を、次の秒数から選択します。初期値は10秒です。
    10、20、30、40、50、60、70、80、90、100、120
    SMTP認証方式 送信メールサーバーがSMTP認証に対応している場合、認証方式を選択します。
    選択できる認証方式は、次のとおりです。
    • PLAIN
    • LOGIN
    • CRAM-MD5
    • DIGEST-MD5
    送信用アカウント SMTP認証を有効にした場合、認証に必要なアカウント名を入力します。
    送信用パスワード SMTP認証を有効にした場合、認証に必要なパスワードを入力します。

  10. 設定内容を確認し、[設定する]をクリックします。