日時を指定して反映する

記事番号:020200

準備した事前設定のデータを、日時を指定してcybozu.cnに反映する場合の手順を説明します。
日時は、翌日から1か月先まで、30分単位で指定できます。

  1. ヘッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコン をクリックします。

  2. [cybozu.cn共通管理]をクリックします。
    cybozu.cn共通管理へのアクセス方法

  3. [組織の事前設定]をクリックします。
    スクリーンショット:[組織の事前設定]が枠線で強調されている

  4. 「反映するタイミングを選択」で「日時を指定する」を選択します。
    スクリーンショット:「日時を指定する」が選択されている

  5. 日付と時刻を選択します。
    指定した日時には、システムタイムゾーンが適用されます。

  6. [設定する]をクリックします。

  7. 確認画面で日時を確認し、[OK]をクリックします。

指定した日時を確認するには

指定した日時は、「組織の事前設定」画面の「反映する日時」で確認できます。

スクリーンショット:「反映する日時」が枠線で強調されている

反映が実行されるまでは、次の操作が可能です。

反映する日時の変更
[変更]をクリックします。
日時指定を取り消し
[リセット]をクリックします。

反映が完了すると

指定の日時に反映が完了すると、「組織とユーザーの設定」画面に、次のメッセージが表示されます。

事前設定が運用環境に反映されました。

スクリーンショット:事前設定が反映されたことを示すメッセージが表示されている

[×]をクリックして、表示されているメッセージを閉じます。
cybozu.cn共通管理者のうち、誰か1人がこのメッセージを削除すると、このメッセージはほかの管理者に表示されません。