組織の事前設定とは

記事番号:020187

組織の事前設定は、ユーザーや組織のデータに大きく変更が入る場合に、前もって変更予定のデータを準備できる機能です。準備したデータは、日時を指定してcybozu.cnへ反映できます。

たとえば、組織変更や人事異動を4月1日に予定している場合、前日までに変更予定のデータを準備し、当日にcybozu.cnへ適用するといった使いかたができます。

事前設定の対象

事前設定の対象となるデータは次の3種類です。

  • 組織
  • 役職
  • ユーザー

事前設定でサポートしていないこと

1. 変更予定のデータをCSVファイルで準備し、一括更新する

事前設定では、CSVファイルを使ってデータを一括更新する操作はできません。

2. 事前設定でユーザーを削除する
3. 事前設定で追加する組織に、新規ユーザーを所属させる

事前設定では「ユーザーの追加」はできません。
事前設定で追加する組織に必要なユーザーは、事前設定での準備を開始する前に追加してください。
ユーザーを追加する

ユーザーの追加後は、事前設定で所属部署や役職の変更を準備できます。

事前設定の準備を開始すると、操作できなくなること

事前設定の準備を開始すると、パッケージ製品からのデータ移行はできません。
また、運用中の組織と役職に対して、次の操作ができなくなります。

  • 追加
  • 変更
  • 削除
  • 表示順の変更

上記の操作は、画面からの操作だけではなく、CSVファイルやAPIを用いた場合でも同様に操作できなくなります。