連携サービスの設定

記事番号:02094

連携サービスの設定を変更した際に出力されるログについて説明します。

レベル、モジュール、結果など、監査ログに出力される項目の概要については、次の記事を参照してください。
監査ログを閲覧する

重要

レベルが「重要」である監査ログについて説明します。

System Administration

モジュールが「System Administration」である監査ログは、下記のとおりです。

add oauth client

実行された操作

OAuthクライアントを追加した。

「補足」に出力される内容
  • クライアントの名称
  • クライアントのid

delete oauth client

実行された操作

OAuthクライアントを削除した。

「補足」に出力される内容
  • 削除したクライアントの名称
  • クライアントのid

disable integration

実行された操作
  • 外部サービスとの連携を無効にした
  • Oauthクライアントを無効にした
「補足」に出力される内容
  • 外部サービス名またはクライアント名
  • id

enable integration

実行された操作
  • 外部サービスとの連携を許可した
  • Oauthクライアントを認可した
「補足」に出力される内容
  • 外部サービス名またはクライアント名
  • id

update oauth client

実行された操作

OAuthクライアントの名称、リダイレクトエンドポイントなどを変更した。

「補足」に出力される内容
  • クライアントの名称
  • クライアントのid

update permitted users

実行された操作
  • 外部連携の利用を許可するユーザーを更新した
  • Oauthクライアントの利用を許可するユーザーを更新した
「補足」に出力される内容
  • 外部サービス名またはクライアント名
  • id

update slack setting

実行された操作

Slackとの連携の設定を変更した。

「補足」に出力される内容
  • 連携を有効にした場合 : Enable
  • 連携を無効にした場合 : Disable

情報

レベルが「情報」である監査ログについて説明します。

Integrations

モジュールが「Integrations」である監査ログは、下記のとおりです。

authorize integration

実行された操作
  • 外部サービスとの連携を許可した
  • Oauthクライアントを認可した
「補足」に出力される内容
  • 外部サービス名またはクライアント名
  • ID
  • scopeの一覧