セキュアアクセスの利用を無効にする

記事番号:02063

異動や休職により、IPアドレス制限の設定で許可された接続元以外からの接続が不要になったユーザーは、セキュアアクセスの利用を無効にしてください。セキュアアクセスの利用を一度無効にすると、使用していたクライアント証明書が無効になります。利用を再開するには、クライアント証明書を再発行し、インストールする必要があります。

  1. ユーザーが利用するサービスから「セキュアアクセス」を外します。
    ユーザーが利用するサービスを設定する
    ユーザーには、「外部からのアクセス」画面が表示されなくなります。
    ユーザー情報の編集画面