ユーザーに外部サービスとの連携を許可する

記事番号:02014

kintoneのユーザーに対して、Microsoft Power AutomateやSlackとの連携を許可する手順を説明します。
連携機能の詳細とkintoneの設定は、次のページを参照してください。

注意事項

  • 外部サービスとの連携は、kintoneをスタンダードコースで契約している場合にのみ利用できます。
  • アクセス制限を設定していると、連携機能が利用できない場合があります。

手順

ここでは、Microsoft Power Automateとの連携を許可する場合を例に説明します。

  1. ヘッダーにある 歯車の形をした管理者メニューのアイコン をクリックします。

  2. [cybozu.cn共通管理]をクリックします。
    cybozu.cn共通管理へのアクセス方法

  3. [OAuth]をクリックします。 スクリーンショット:[OAuth]が枠線で強調されている

  4. Microsoft Power Automateを[有効]にし、[連携利用ユーザーの設定]をクリックします。 スクリーンショット:Microsoft Power Automateが有効になっている

  5. [連携利用ユーザーの設定]画面で、外部連携サービスの利用を許可するユーザーにチェックを入れます。
    組織を選択してユーザーを絞り込んだり、ユーザー検索パーツで検索したりできます。 スクリーンショット:目的のユーザーのチェックボックスが選択されている

  6. [保存]をクリックします。 スクリーンショット:[保存]が枠線で強調されている

連携利用ユーザーの設定は、これで完了です。
kintoneアプリの設定を実施してください。

ユーザーが利用している外部連携サービスを確認する方法

cybozu.cn共通管理者が確認する場合

ユーザー情報の編集画面で、ユーザーが利用中の外部連携サービスを確認できます。 スクリーンショット:利用中の外部連携サービス欄が枠線で強調されている

ユーザー自身が確認する場合

自分のアカウント設定から、利用中の外部連携サービスを確認したり連携を解除したりできます。
ユーザーが連携サービスを確認・解除する